現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜より

受験生のなかには、現代文がとても苦手だ、という人がいるかもしれません。
今日はそんなみなさんに、せっかく私のブログをのぞきにきてくれたのですから、
私の秘技「満点の現代文」の一端をお教えしましょう!
私は国語が苦手な子でした。センスで解くなど、まるでできない子どもでした。そんな私が、国語が異様にできるようになり、文学部に入り、いまは芸人をしながら、大学院の博士課程に進み、大学で教鞭を執っています。
意外と知られていない「当たり前のこと」は、知っておいたほうがいい!
今日、この瞬間、あなたの「現代文」観は一変する!

【心得】
清水義範さんの本に、『国語入試問題必勝法』という本がありますが、私のもそんなところです。
私には、あらゆる受験、試験のなかで、現代文だけは唯一、コツさえつかめばなんの勉強もせずに満点が取れる科目だという、信念があります。

なぜか?
「次の文章を読み、後の問題に答えなさい。」
現代文の試験用紙のいちばん最初に書いてある文言です。
これが答えです。
つまり、
「答えは文章のなかに書かれており、なにも知らなくても考えれば答えられる」ということなのです!
こんな科目、ほかにありますか?
こんな@サービス問題、どこを探してもありません。文章読めば答えがわかるんだから! そういう風に作ってるんだから!

受験する学校のレベルが高くなればなるほど、漢字や語の意味などを問う問題は少なくなります。
「知ってるか知ってないか」問題よりも、「考えればわかる」問題のほうが、思考力を見れるからです。

さあ、ここまできておわかりでしょうか。
国語は「国語の力」を試す試験ではなく、「思考力」を見る試験なのです!
知識などまるで必要のない科目なのです!

考えてもいただきたい。
みなさんのなかには、「国語はセンスで解く」と思い、苦手意識を抱いている人はいませんか?
それは誤解です!
国語の問題の答えなど、本文を書いた人すらわかりません。だって、書いた人と問題を作った人は友達でもなんでもないんだもん。
国語の問題は、「問題を作った人」との知恵比べなのです!
本文を構造的に読み、「問題を作った人」が「なにを答えさせたいか」を読む問題なのです!
問題を作る人が、センスでしか解けない問題を作ると思いますか?
答えはNO!
「なんでここそういう答えなんですか?」というクレームがきたときに、しっかり返答できる「裏づけ」がなければ、問題なんて作れません!
だれからも文句を言われない、ちゃんとしたやり方でやればだれしもがその答えにたどり着く。受験問題が、学問問題や社会の問題とちがって、素晴らしいのはこの点です!

したがって、「国語の問題にも、裏づけのある解法がある」これだけは確実です。
自分で答えを選んだとき、なぜその答えにしたか、しっかり答えられなければなりません。

私から言わせれば、A数学はできるけど国語ができない、なんて人は大嘘です
その人は、定理や数式を暗記しているだけで、真に思考していません。
数学ができる人は国語もできるのです!
なぜなら聞かれていることは一緒だから。聞く方法が違うだけだから。

苦手意識をもっている人、そろそろ克服できてきましたでしょうか?
現代文だけはサルでも解ける! 強いていえば「想像力」「思いやり」がある人ならば満点取れる!

私は、いままで家庭教師でうけもった生徒は、みな志望校へ入れてきました。
ひとりも落としたことはございません。
私を信じましょう。
直接全教科に関するアドバイスや各志望校への受験戦略のお話はできないため、今日は「満点を取る現代文」の作業の一端を伝授します!
ここまで長い私の文章を読めたあなたならできます!

【下準備】
1.まず、問題文から読む(本文を読む前に)。
2.本文の下線部のところに、なにを聞かれるか書き込む。「理由」とか「抜き出し」とか。
 なおその際、下線部のなかに、本文中何回か出てくるキーワードに印をつけておく。
3.漢字、故事成語、語の意味、など「知ってるか知ってないか問題」は本文を読む前にやる。

☆解説☆
この段階で、だいたいどんな内容の文章なのか、おおまかに想像する(問題文からだけで!)。
(環境問題、あれが良い、もしくは悪い、みたいなものとか)
この時点で、あなたはほかの受験生には一歩リードしています。
なんの内容か、なにを聞かれるのかを知らないで本文を読むのと、知ってて読むのとでは頭への入り方がまるで違います。



【本文を読む】
読みながら、以下の作業をなにも考えず機械的にやること。むらなく。
1.接続詞に印をつける。
 「そして」「また」など順接、並列系には[  ]を。
 「むしろ」「しかし」「つまり」「したがって」など、逆接、結論系には≪  ≫を。
 「たとえば」など例示系には(  )を。
2.「……必要です」「……不可欠です」「…なのである」「…(だ)から」という文末には鉛筆で線を引きましょう。
3.やたら修飾の多い名詞には「 」をつけておく。
 例)戦後の第二次的現実の「立場」 など。
4.【下準備】の2で見た「キーワード」には、片っ端から○○という印をつけておく。

☆解説☆
上の作業は、本文を読み返したとき、どこを読めばいいのか、どこに答えがありそうか、印をつける作業です。
なにも書き込んでいない本文を読み返して答えを探るなど愚の骨頂。時間の無駄遣い以外のなにものでもありません。
・「そして」「また」などは、なにとなにをくっつけたのか、著者の思考をたどる印です。
・「むしろ」「しかし」「つまり」「したがって」は、この直後に強烈に言いたいことがある、という印です。前は読む必要ありません。
 ※「もちろんAしかしB」「たしかにAしかしB」などの場合、明らかに「B」が言いたいことだからです。
・「必要です」「不可欠です」「なのである」「(だ)から」は、その直前に強烈に言いたいことがある、という印です。要注意マークです。
・(  )以下の段落は、再読の際、基本的には読まなくて部分です。例示とは、自説の補強のために使う技術で、問題作成者はもっと抽象的なワードを問題にするからです。具体的すぎると問題にしずらいから。
・修飾の多い名詞は、抜き出しの文末や記述のキーワードに使われる場合が超多いです。印をつけておけばあとで見つけるのも超楽。
・本文に何回も出てくるキーワード(自分ではキーワードとは思ってなくても)は、抜き出し問題を作る際に、すげー楽な言葉。
 場所を飛ばして、そのキーワードが出てくるとき、その近辺に必ず答えがあります。



さあ、ここまでくれば、本文はきちんと鉛筆の書き込みで汚れているはず。
そしてあら不思議!
( )とか[ ]とか≪  ≫の直後とか「必要です」の前だけとか。後から読み直せばいい文章が自然と浮き上がってる!
しかもキーワードまで印ついてる! 
あとは「問題を作った人」がどれくらい頭のいいやつか、こっちがはかってやるくらいの気持ちで問題を解いていきましょう。
つか、この段階で答えはすぐ書けるんだけど。問題文読まずとも。

【解き方のヒント】
1.記述・抜き出し問題
 記述は、問題作成者が期待しているキーワードを抑えればOK。「本文の言葉に即して」という文句が問題文にあれば間違いなし。ほとんど抜き出しに近い。
 抜き出しは、本文に答えが載っているという、大サービス問題。問題を作ってる人も、いろいろ探して抜き出せる語を見つけています。採点が面倒くさいから抜き出しにしているという、お互いにとって楽な問題。
 その語とは、
 A.1の逆接・結論系接続詞≪ ≫の直後。
 B.2の線を引いた部分の直前。
 C.3の名詞句そのもの
 D.4で印をつけた○○の超周辺。

2.その他の記述問題
 「この〜〜」の「この」を意味を答えろ、という類の問題は、下線部の前にしか答えはないので、本文に自分の書き込みが多いところを注意して探せばOK。
 「この」に自分の答えを代入して文意があえば正解。
 また、字数制限にもそれなりの理由があります。30字には30字の都合、35字には35字の都合があります。文字数を限定するのは、「ほかにも答えがあるけど、オレが聞きたいのは30字くらいの、ほら、そこに書いてあるやつ」ということなのです。抜き出しなんてもろにそれ。
 30字でなく35字以内でまとめろ、といった場合は、キーワードを入れていくと30字に収まらないってことを意味する。30字以内におさまったら、なにかひとつ足らないと思わなければならない。

3.選択肢問題
 各選択肢の、あっている箇所、怪しいところ、明らかに間違っている箇所に「○」「△」「×」をつけていく。
 「○」 が多い選択肢、2つまで絞り込む。
 最後に、その選択肢の言葉に、きちんとしら裏づけがあるかどうか、本文をチェック。
 だいたい怪しいものは「別の言い方」をしてごまかしているものが多いので、裏づけをとる。
 問題を作ってる人も、「裏づけ」があるから答えを作れるんです。

【その他】
要約問題、漢字などは、熟練にある程度の時間を要するので、これからやるのは諦める。
1ヶ月あれば全然間に合います。

【勉強方法】
以上の方法は、最初は時間がかかって焦るかもしれませんが、ほんの3日、一日一題やればすぐ慣れます。
国語の現代文、一回25分〜30分の問題を、全神経を集中して一日一題やれば、5日で10点のアップは確実です。
一ヶ月あれば、満点取れるようになります(センター試験レベルは)。なんて楽な科目なんでしょう! あとはまるで勉強しなくていい科目! ビバ現代文! 私も現代文だけは、何度も満点取ったことがあります(古文とかで小さいミスはしましたが)。
いままで30点の人は倍、50点の人は70点、80点の人は90点取れるようになります。国語は数学・英語とならんで配点の高い教科です。しかも、ほかの教科より勉強する時間は圧倒的に少ないです。コツをつかめば安定した点数を取れます。国語ができはじめると、不思議なことに、他の教科までできるようになります。
不得意を克服、あるいは得意を伸ばすためにも、この方法は必ず試す価値のあるテクニックでございます。

【最終課題】
最後に、受験一週間前から、志望校の試験問題の本文を見て、自分でその学校の試験を作りましょう。
「B試験を作る側になってみればすべてが見える!」これが真実です。